B型肝炎訴訟の条件

B型肝炎訴訟は、B型肝炎になっている人は全員給付金を受け取る事が出来ないように厳しい条件が設定されています。B型肝炎訴訟の条件としましては、一次感染者と呼ばれる集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスにたいして持続感染してしまった人と、二次感染者と呼ばれる一次感染者である母親から子供に母子感染してしまった事によりB型肝炎ウイルスに持続感染された方があります

一次感染者の具体的な要件は、B型肝炎ウイルスにたいして持続感染していることの他に、自分が満7歳になるまでに集団予防接種等を受けた経験がある事、集団予防接種の時に注射器の連続使用があったこと、母子感染でないこと、集団予防接種以外の感染原因がないことなどがあります。

二次感染者は、母親が一次感染者の要件をすべて満たしていて、二次感染者がB型肝炎ウイルスにたおして持続感染していること、他に感染経路がなく母子感染であることになります。

B型肝炎訴訟では、それぞれの要件を満たしている事を証明しなければいけません。証明するためには様々な書類の準備が必要になりますが、色々と面倒な部分もあります。個人では難しいと感じるようであれば、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼して指示を仰ぐのもおすすめの方法になります。

{ Comments are closed }

B型肝炎訴訟の現状

先ほどもご紹介した通り、B型肝炎訴訟による給付金制度と言う物は、黙っていてももらえる物ではなく、B型肝炎ウイルスに感染された方が訴訟手続きをとらなければ受け取る事はできません。現在でも集団予防接種等による感染被害の事実はもちろんの事、B型肝炎訴訟による給付金制度について知らない方が多いので、自分自身が集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染されていることを知らないままで生活している方が大勢います。

給付金制度国が出した基本合意当時の推計によると、集団予防接種による感染被害者数は45万人といわれていますが、現時での提訴した人の数は約1万5千人程度とあまりにも開きがあります。今後、B型肝炎訴訟による給付金制度が広まれば訴訟し給付金制度を利用する方も増えて行くのは間違いありません。

B型肝炎訴訟の給付金の金額は症状によって大きく異なります。既に死亡されていたり、肝がんや重度の肝硬変の場合には、3600万円が支給されます。軽度の肝硬変の場合には2500万円が支給され、慢性B型肝炎の場合には1250万円、20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎の方の中で、現在も慢性肝炎の状態にある方には300万円、現在は治癒している方は150万円が支払われます。この他にも無症候性キャリアの方は600万円など症状によって異なりますので、自分の症状を詳しく確認する事がとても重要になります。

{ Comments are closed }

B型肝炎訴訟とは

B型肝炎訴訟とは、国が行っていた幼少期の集団予防接種の時などに、国が認めていた注射器を連続使用されたことが原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまった人に対して、責任者である国が責任を認め、B型肝炎ウイルスに感染された方だけでなく、母親の感染者から母子感染した方、これらの方々の相続人などを救済する制度です

一般的な救済制度と違い、B型肝炎は訴訟をしなければ給付金が支払われません。これは、B型肝炎の給付金を支給する場合に、本当に幼少期の集団予防接種が原因で感染したのかをしっかりと裁判で審議するためというのが主な理由です。

B型肝炎ウイルスに感染する原因は、ひとつだけではなく、集団予防接種での注射器の連続使用以外にも様々な要因が考えられます。その中でも多いのが、B型肝炎ウイルスに感染された人から輸血を受ける事によって感染する場合などです。そのため、面倒で難しくはなりますが、注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに感染したと判断できる書類や手続きを用意して裁判をしなければいけなくなっているのです。B型肝炎給付金の支給の場合には、国が注射器の連続使用による感染ではないことが証明しなければなりませんので、立場的にはB型肝炎になっている方が有利な部分があります。

{ Comments are closed }

B型肝炎給付金請求

B型肝炎給付金請求について詳しく知らない方のためにB型肝炎給付金を簡単に説明すると、とは、小さい頃に行われた集団予防接種の際に注射器を使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人に支払われる国からの損害賠償金のことです。

なぜ国から損害賠償を貰えるのかと言うと、幼少期の集団予防接種などが国が率先して行っていた事や注射器の連続使用が世界では危険と言われていたのに、国が認めていた経緯があるからです。そのため注射器の使いまわしによってB型肝炎ウイルスに感染された人に関しては、国が責任を認めているので病状ごとに定められた金額を受け取る事ができるのです。

実はB型肝炎は国が認めている注射器の使いまわしだけが感染経路ではありません。B型肝炎ウイルスに感染された方からの輸血なども感染経路になりますので、B型肝炎の方が全員給付金を受け取る事ができるわけではないのです。B型肝炎の給付金を受け取るには、しっかりと決められた基準があり、集団予防接種で感染した人の中で、注射器が使いまわしされていた期間の生年月日が1941年7月から1988年1月の間に生まれた方の中で満7歳までに予防接種やツベルクリン反応検査を受けた方に限っているのです

また、B型肝炎ウイルスに感染している人の中で輸血などをしておらず予防接種等以外の感染原因がない方も給付金の対象となっております。B型肝炎の給付金はとても難しい問題ですので、しっかりと理解しておく必要があります。こちらのページでは、B型肝炎の基礎知識についてまとめています。

{ Comments are closed }