B型肝炎訴訟は、B型肝炎になっている人は全員給付金を受け取る事が出来ないように厳しい条件が設定されています。B型肝炎訴訟の条件としましては、一次感染者と呼ばれる集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスにたいして持続感染してしまった人と、二次感染者と呼ばれる一次感染者である母親から子供に母子感染してしまった事によりB型肝炎ウイルスに持続感染された方があります

一次感染者の具体的な要件は、B型肝炎ウイルスにたいして持続感染していることの他に、自分が満7歳になるまでに集団予防接種等を受けた経験がある事、集団予防接種の時に注射器の連続使用があったこと、母子感染でないこと、集団予防接種以外の感染原因がないことなどがあります。

二次感染者は、母親が一次感染者の要件をすべて満たしていて、二次感染者がB型肝炎ウイルスにたおして持続感染していること、他に感染経路がなく母子感染であることになります。

B型肝炎訴訟では、それぞれの要件を満たしている事を証明しなければいけません。証明するためには様々な書類の準備が必要になりますが、色々と面倒な部分もあります。個人では難しいと感じるようであれば、B型肝炎訴訟を弁護士に依頼して指示を仰ぐのもおすすめの方法になります。