先ほどもご紹介した通り、B型肝炎訴訟による給付金制度と言う物は、黙っていてももらえる物ではなく、B型肝炎ウイルスに感染された方が訴訟手続きをとらなければ受け取る事はできません。現在でも集団予防接種等による感染被害の事実はもちろんの事、B型肝炎訴訟による給付金制度について知らない方が多いので、自分自身が集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染されていることを知らないままで生活している方が大勢います。

給付金制度国が出した基本合意当時の推計によると、集団予防接種による感染被害者数は45万人といわれていますが、現時での提訴した人の数は約1万5千人程度とあまりにも開きがあります。今後、B型肝炎訴訟による給付金制度が広まれば訴訟し給付金制度を利用する方も増えて行くのは間違いありません。

B型肝炎訴訟の給付金の金額は症状によって大きく異なります。既に死亡されていたり、肝がんや重度の肝硬変の場合には、3600万円が支給されます。軽度の肝硬変の場合には2500万円が支給され、慢性B型肝炎の場合には1250万円、20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎の方の中で、現在も慢性肝炎の状態にある方には300万円、現在は治癒している方は150万円が支払われます。この他にも無症候性キャリアの方は600万円など症状によって異なりますので、自分の症状を詳しく確認する事がとても重要になります。

Pocket