B型肝炎給付金請求について詳しく知らない方のためにB型肝炎給付金を簡単に説明すると、とは、小さい頃に行われた集団予防接種の際に注射器を使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人に支払われる国からの損害賠償金のことです。

なぜ国から損害賠償を貰えるのかと言うと、幼少期の集団予防接種などが国が率先して行っていた事や注射器の連続使用が世界では危険と言われていたのに、国が認めていた経緯があるからです。そのため注射器の使いまわしによってB型肝炎ウイルスに感染された人に関しては、国が責任を認めているので病状ごとに定められた金額を受け取る事ができるのです。

実はB型肝炎は国が認めている注射器の使いまわしだけが感染経路ではありません。B型肝炎ウイルスに感染された方からの輸血なども感染経路になりますので、B型肝炎の方が全員給付金を受け取る事ができるわけではないのです。B型肝炎の給付金を受け取るには、しっかりと決められた基準があり、集団予防接種で感染した人の中で、注射器が使いまわしされていた期間の生年月日が1941年7月から1988年1月の間に生まれた方の中で満7歳までに予防接種やツベルクリン反応検査を受けた方に限っているのです

また、B型肝炎ウイルスに感染している人の中で輸血などをしておらず予防接種等以外の感染原因がない方も給付金の対象となっております。B型肝炎の給付金はとても難しい問題ですので、しっかりと理解しておく必要があります。こちらのページでは、B型肝炎の基礎知識についてまとめています。

Pocket