B型肝炎訴訟とは、国が行っていた幼少期の集団予防接種の時などに、国が認めていた注射器を連続使用されたことが原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまった人に対して、責任者である国が責任を認め、B型肝炎ウイルスに感染された方だけでなく、母親の感染者から母子感染した方、これらの方々の相続人などを救済する制度です

一般的な救済制度と違い、B型肝炎は訴訟をしなければ給付金が支払われません。これは、B型肝炎の給付金を支給する場合に、本当に幼少期の集団予防接種が原因で感染したのかをしっかりと裁判で審議するためというのが主な理由です。

B型肝炎ウイルスに感染する原因は、ひとつだけではなく、集団予防接種での注射器の連続使用以外にも様々な要因が考えられます。その中でも多いのが、B型肝炎ウイルスに感染された人から輸血を受ける事によって感染する場合などです。そのため、面倒で難しくはなりますが、注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに感染したと判断できる書類や手続きを用意して裁判をしなければいけなくなっているのです。B型肝炎給付金の支給の場合には、国が注射器の連続使用による感染ではないことが証明しなければなりませんので、立場的にはB型肝炎になっている方が有利な部分があります。

Pocket